HOME > よくある質問 > BowNowで取得したデータを活用してみよう!

BowNowで取得したデータを活用してみよう!

BowNowのデータを活用

実際に取得したBowNowのデータはどのような活用方法があるか。また、優先すべきものは何がよいか。
BowNowでは、目的ごとにあわせてデータを活用する事ができます。

新規案件がほしい

営業リソース有

営業リソース無

案件が足りている

BowNowを導入していただいたお客様の中で営業リソース・案件保有数?でいま自分たちになにができて、
なにを優先的にするのがいいのかを上記の目的を元にマップでご用意いたしました。(クリックで別タブ表示)


マップ
 

アイコン説明


 ホット企業ログ

(例)過去に提案した・なにかしらの原因で契約いたらなかった企業が再度アクセスしている。
(例)1社から複数人アクセスがある
ステップ①:上記、企業情報をデータとして管理し再度アプローチ

 企業ログ活用

ステップ①:企業を探すから企業情報が取得できている企業を見つけよう!
ステップ②:貴社ターゲットとなる検索条件を保存。(規模・売上・業種・特定ページ閲覧など)
ステップ③:検索結果へアプローチ(電話・DMなど)

 メールログ

ステップ①:メール流入した人の一覧を見つけよう!
ステップ②:検索条件(見てほしいページ)を指定
ステップ③:検索結果へアプローチ(電話・DMなど)

 中間CV
(ノウハウ資料)

ステップ①:ノウハウ資料フォームを通ったリードを見つけよう!
※検討レベルがまだそこまで高くない?
ステップ②:検索結果へアプローチ(電話・DMなど)
再度メール配信などをして顧客を育成するのもあり?

 中間CV(詳細資料DL)

ステップ①:詳細資料フォームを通ったリードを見つけよう!
※中間CVの中でもサービスの詳細資料をDLした方のほうがニーズが高いと想定している。
ステップ②:検索結果へアプローチ(電話・DMなど)

 WEB分析

ステップ①:アクセスしている企業情報を見つけよう!
ステップ②:企業情報から業種・規模・売上など統計を見て 自社のターゲットにあてはまるか・今後のWEB施策に活用

 顧客の育成

ステップ①:メールや中間CVなどで取得できたリードに対して 管理情報(ステータス・タグ)など付与する
ステップ②:各ステータスに対してアプローチ方法を見極め、 顧客もステップアップの育成をする

 

 

 

_###');?>