HOME > よくある質問 > メール配信後のエラーコード一覧

メール配信後のエラーコード一覧

メール配信後にリードがエラーになった。エラーの一覧が知りたい。

送信先のユーザーがなんらかが原因となり配信が出来なくなっています。

下記エラーメール情報一覧を記載いたします。

・4××:一時的なエラー

サーバのメンテナンスなど、一時的に受信できなくなっている。

421 宛先から拒否されました。
450 宛先のメールボックスが利用できません。
451 処理中にエラーが発生しました。送信先のプロバイダーにお問合せください。
452 送信先のシステム容量がいっぱいです。
453 処理中にエラーが発生しました。送信先のプロバイダーにお問合せください。

・5XX:恒久的なエラー

配信を行ったメールアドレスが誤っている、先方のメールボックス容量がいっぱいなど、対応をしないと解決できないエラー。

500 1 行に対する文章が長すぎるため受け付けられません。
501 パラメータまたは引数の文法に誤りがあります。
503 コマンドの発行順序が間違っています。
504 コマンドのパラメータが実装されていません。
521 送信先のメールボックスがいっぱいです。
530 送信には暗号化が必要です。
550 送信先のメールアドレスがありません。
550
(rejection)
送信先から受信拒否を受けました。
551 送信先がありません。
552 送信先のメールボックスがいっぱい、またはシステムエラーが発生しています。
553 送信先のメールボックスが利用できません。
554 処理中にエラーが発生しました。送信先のプロバイダーにお問合せください。