HOME > よくある質問 > メール配信までの全体の流れを確認したい

メール配信までの全体の流れを確認したい

BowNowでメール配信を行う際の全体の流れをご案内します。
HTMLメールや、テキストメールの配信方法についての詳細は下記をご確認ください。
>HTMLメール配信方法
>テキストメール配信方法

1、配信停止フォームの作成

メールを配信するときに必ず必要なのが、配信停止フォームになります。
BowNow上で顧客管理を行う場合は、BowNowで作成した配信停止フォームが必要になりますので1つ作成をお願いします。

配信停止フォームの作成方法については下記にておまとめしておりますので、ご確認ください。
こちらからご確認ください。

2、メール配信グループの作成

BowNowの管理画面にてメール配信を行うリードのグループを作成します。
作成方法は2種類あります。

①CSV一括登録
②リード情報

になります。それぞれの設定方法についてご案内します。

①CSV一括登録

メール配信を行いたいリード情報をCSVで一括登録を行います。
BowNowの指定CSVフォーマット内Z列に「メール配信グループ」の列がありますので配信するグループ名を記載し保存します。

メール配信グループが他に既に登録されている場合は、半角カンマ「,」区切りで記載してください。

▼設定方法例

配信したいリードにメール配信グループを記載し、リード一括登録から登録を行います。

②リード情報 

リード情報ページで配信したいリードの検索を行い、メール配信グループを追加する方法になります。

リード情報ページ左側の「検索条件」から配信を行いたいリードの一覧の検索を行います。
検索後、画面右側の「ユーザーの一覧を表示」をクリックすると左側画面下部にリードが表示されます。

リード一覧が表示されたら、リード情報の上部「検索結果での一括操作」から【「メール配信グループ」の追加】をクリックします。

【メール配信グループ追加】のポップアップが表示されます。
ポップアップにて新しいメール配信グループ名を記載し、変更ボタンをクリックしていただきますと新しいメール配信グループが検索されたリードに設定されます。

メール配信グループの追加方法はCSVでの一括登録もしくは、管理画面上での一括追加どちらかで行うことが出来ます。

3、送信元メールアドレスの作成

ここから設定はBowNowの管理画面ではなくメール配信画面上での設定になります。

送信元メールアドレスとは、メールを配信した際の表示メールアドレスと、名前になります。
自社から送るメールは毎回この送信元メールアドレス、という事であれば毎回作成する必要はありません。

送信元メールアドレスを作成する際は、BowNow管理画面上左側メニューからメール>メール配信ページにて作成を行います。
メール配信画面の左側メニューシステム>送信元アドレスから新規作成、追加、修正を行うことが出来ます。
送信元メールアドレスは15件までの登録となっております。

送信元アドレス画面に入りましたら、新規登録ボタンをクリックします。
クリックしますと、「表示名」と「メールアドレス」を設定できるポップアップが表示されますので、適切な文言を設定してください。

▼弊社送信元メールアドレス例

「表示名」「送信元メールアドレス」の設定が完了しましたら、登録ボタンをクリックしますと送信元メールドレスの設定が完了となります。

4、グループの作成

2で作成したメール配信グループを再度メール配信画面でも登録する必要があります。
メール配信画面内、左側メニューのデータ管理>グループ設定で設定を行います。

グループ設定画面内、「新規作成」ボタンをクリックします。設定箇所は2つ。
・メルマガ配信グループ
・サイトからのお知らせメールを希望しますか?
の2つになります。

メルマガ配信グループ

こちらには、BowNowで登録を行ったメール配信グループ名を全て記載してください。
例えば、BowNow内で「メール配信グループテスト」と登録した場合は、こちらでも「メール配信グループテスト」と記載してください。

サイトからのお知らせメールを希望しますか?

こちらには「希望する」「希望しない」を記載していただきます。
メール配信の希望されているリードのみに配信したい場合は、「希望する」を。
配信希望しないリードにも全て配信を行いたい場合は「空白」にしてください。

設定が完了しましたら、「検索」ボタンをクリックしてください。
該当するリード数が表示され正しい場合は、「次へ」をクリックし追加したいグループの名前を設定し「作成」ボタンをクリックします。

以上でグループが作成完了となります。

5、メールの作成

メールは、「テキストメール」と「HTMLメール」の2種類から選択する事が出来ます。
テキストメールのメリットとしては、簡単に文章を作成する事が出来ます。
また、HTMLメールのメリットとしましては配信したメールの開封率を計測する事が可能です。

テキストメールを配信する場合は、メール配信画面左側メニューより「テキストメール」をクリックし作成を行ってください。
※添付ファイルは50KB以内でご利用ください。
テキストメールの作成方法は下記よりご確認ください。
>>テキストメールの作成方法はこちらから

HTMLメールを配信する場合は、メール配信画面左側メニューより「HTMLメール」をクリックし作成を行ってください。
>>HTMLメールの作成方法はこちらから

HTMLメールは、もともとメール配信機能内に入っている「テンプレ管理」から、もしくは自分で作成を行ったHTMLソースをアップロードする「HTML挿入」の2つから選択する事が出来ます。

弊社ではHTMLメールのソースの修正や確認サポートは行っておりません。ご注意ください。

また、メール配信を行った後BowNowで「メールから流入」というアクションを取得する事が出来ます。
これはメール文章内に記載しておりますリンクにBowNowのトラッキングコードをURLの最後に記載していただく事で取得できます。

「メールから流入」アクション取得方法

メール文章内のURLの最後に「?bownowmail=__c6__」と記載します。
注意点としては、メールから流入のアクションを取得する事が出来るURLは、BowNowのトラッキングコードが設定されているサイトのURLである事です。

その為、FacebookやTwitterなどBowNowのトラッキングコードの入っていないホームページのURLの最後に「?bownowmail=__c6__」を差し込んでいただいてもアクションを取得する事が出来ませんのでご注意ください。

▼テキストメール記載例

▼HTMLメール記載例

差込み機能の使用

差込み機能とは、リードに登録されている情報を件名や本文中に自動差込みが出来る機能です。
HTMLメール、テキストメール両方で使用する事が可能です。

▼差込み機能イメージ

__c0__ 氏名
__c1__ 氏名フリガナ
__c2__ 会社名
__c4__ 所属部署
__c5__ 役職
__c6__ 識別ID
__c7__ メルマガ配信グループ
__c9__ 都道府県
__c10__ 市町村・区・郡
__c11__ 以下の住所
__c15__ E-mail
__c19__ サイトからのお知らせメールを希望しますか?

メール作成完了後は、メール配信を行う前には必ず「テスト送信」を行いメール文章内容の確認をお願いいたします。

6、配信日時の設定

テキストメールの場合は、メール文章作成後画面下部にて配信日時を設定する事が可能です。
・即時配信
・配信予約
・下書き
と3つから選択をお願いします。

下書きに関しては、配信は行われずメール配信画面左側メニュー内の「下書き」にて保存されます。

HTMLメールの場合は、HTMLメールの文章とテキストメールの文章を作成後次へボタンをクリックしますと
・送信者
・宛先
・件名
・配信日時
・バックナンバー
を設定する事の出来る画面に遷移します。

送信者は「送信元メールアドレス」になり、宛先は「グループ」になります。
件名はメール配信時の件名になりますので適切な件名をご記載ください。
配信日時はテキストメールと同様になります。
バックナンバーは配信先のグループごとに配信を行ったメールのバックナンバーをご用意しております。

バックナンバー確認方法

メール配信画面左側メニュー内の配信管理>画面上部「バックナンバー」をクリック。
グループごとのバックナンバーURLが表示されこちらからバックナンバーを確認する事が可能です。
※確認できるものは、メール配信時に「公開する」にチェックを入れているメールのみです。
※バックナンバー画面のデザインは変更する事は出来ません。

以上の設定が完了しましたら「確認」ボタンを押し、メール配信設定は完了となります。